職員日記

2018/06/25 【投稿者:Kさん】

本日は午後に署名を頂きに関与先に行き、事務所に戻ってから清書検算を行いました。申告書を15日までに提出する上で自分の処理に時間一杯使ってしまうと、関与先の署名に合わせる為に検算者に無理を強いる展開になってしまう事が起ります。正直なところ、私も最近になって意識し始めた事ですが、「検算」という他の職員の時間を割く過程がある以上、他の職員の都合や負担も考えて仕事をしていかなければなりません。残業時間を減らす事が私にとっては最大の課題ではありますが、自分の残業を減らす為に仕事を早目に切り上げた影響で処理が後手に回り、結果として検算者(他の職員)に残業をさせてしまう事が無い様に気を付けていかなければなりません。今までは目の前の自分の仕事だけを意識して行ってきましたが、今後は少しでも周囲に気を配った仕事をしていかなければならないと感じます。

2018/06/21 【投稿者:Tさん】

島田事務所で開催の企業防衛研修会へ参加させていただきました。
今回の研修ではTKC会計事務所の職員さんに日頃どのように企業防衛を推進しているのか貴重なお話を聞くことができました。
お話を聞く中で重要だと感じたことがいくつかありました。まずは関与先に信頼される担当者になること、関与先のためになる保険以外は提案しないこと(不安を煽るような勧誘はしない)ではないかと感じました。若手の場合は社長・先生との信頼関係を築き、コミュニケーションが円滑に取れるようになることが企業防衛の第一歩だと思いました。

2018/05/30 【投稿者:Oさん】

本日は自分の巡回監査終了後に後輩のフォローに回りました。他人に教えるという事は、自分で調べて理解する事とは違った意味で自分の力になります。自分なりに理解しているつもりでも、いざ他の人に説明するとなると、知識が浅かったり曖昧だったりする事に気付かされます。「口に出して相手に分かる様に説明する」というアウトプット作業は、これまで行ってきたインプット作業とは全く別物で自分にとって非常に新鮮なものです。これからもインプットとアウトプットを繰り返して知識や経験を自分の中に定着させていきたいと思います。

2018/05/25 【投稿者:Sさん】

先日、○○さんに決算の署名をいただきに伺った際、今後の帳面の進め方の相談の中でFintechの設定をしました。
以前から案内をしていましたがインターネットバンキングのIDの取得を依頼してそのままとなってしまっていたため、その場で登録をしていただいたところ、思っていたよりもスムーズに設定までできました。入力の仕方を一通り伝えて、処理をお願いしたところ今月は早めに入力を終えて資料をいただくことができました。後日社長に聞くと、「今は仕訳DBから選択して登録しているので、今までとほとんど変わらないが、今後一定のものが自動で出てくると考えると帳面が楽になりそうな気がする」とのことで仕訳辞書にも積極的に登録をしていただいているようでした。
○○さんは当座の取引数が多く、普通預金の口座も多いため預金の残高が合っているだけでも、私の事務所での確認が早く進みます。
これを機に月次の処理が改善されていけば良いと思います。

2017/08/25 【投稿者:Kさん】

TKCの研修でした。入社3年目以下の人たちだけなので、みんな意見も言いやすく場もスムーズに進むなと感じました。ほかの人たちがどんな風に監査しているのか、みんなそれぞれ違う先輩の監査をまねてみたり参考にしたりしているので、今後それを知れるのが楽しみです。

2017/08/25 【投稿者:Yさん】

本日は午前中に新人(3年以下の職員)の研修がありました。内容は巡回監査時に関与先に対してどの様な数字の説明をしているかでした。今回は私がデモンストレーションで自分の方法を披露し、今後ローテーションで回していきます。3年以下の職員が対象の研修ですので3年目の私は必然的に勤務年数が長い部類に入ってしまいます。この様な機会を体験するともう上司に甘えていられる年数ではなくなってきているのを改めて実感します。果たして自分に力がついてきているのか甚だ疑問ではありますが、だからこそ日々成長していける様にアンテナを高く張って吸収力を減退させない様にしていきたいです。

2017/08/04 【投稿者:Sさん】

島信で開催された女性職員交流会では、島信、保証協会、TKC会計事務所の女性職員のみが集まりそれぞれの役割の紹介やグループワークを行いました。新入社員からベテラン社員まで幅広い年齢の方が参加されており、これから女性が活躍していくために必要なことについて意見交換しました。女性だから…という固定観念があること、家事や育児との両立などの課題があるという意見が多かったです。
また、女性ばかりの会場だからこその発言が飛び交っておりとても楽しく、活力の溢れる研修でした。

2016/12/28 【投稿者:Nさん】

本日仕事納めでした。私は確定申告後の3月半ばから野中会計へ中途入社して色々学ばせて頂きました。
会計事務所の仕事は想像以上に大変な仕事ですが、それ以上に自分を成長させることができる仕事だとも感じました。
会計の知識、労務の知識など専門的な知識が必要ですが自己啓発に努め、実務経験を積むことで関与先から信頼してもらえる担当者になれると思います。実際、先輩方は関与先から信頼されており、とても自信にあふれているのが分かります。私も努力を積み重ねて先輩方のように信頼される担当者になれるよう努力していきます。

2016/11/04 【投稿者:Aさん】

事務所セミナーを開催しました。中里先生のお話は淡々としていながらもとても聞きやすく、笑いどころもあっておもしろかったです。知恵の輪も、コツを教えていただいてスムーズにとくことができました。懇親会でも同じテーブルだったためたくさんお話をしていただきました。社員の方にはあらかじめ会社のジャンパーを2色配っておき、調子のいい日には青、体調がすぐれない日には黄色を着てきてもらい、黄色いジャンパーを着ている人はその日は決して無理をせずゆっくりしておく、という決まりを作っているよ、というお話が印象的でした。また、10個やりたいことがあっても、その日にやる仕事に優先順位をつけて3つだけ選んでやること、最初から10個やる時間も力もあるわけではないんだから、3つだけに絞ればトントン進んで余分に仕事ができるようになる、というお話もしてくださいました。また第2弾、第3弾の講演会があればぜひ聞いてみたいと思えるお話でした。

 2016/08/05 【投稿者:Sさん】

今まで数台しか売れていない1台3万円位するハンモックチェアーがふるさと納税に出品したところ一ヶ月で50台以上の注文が来たと社長も驚いていました。以前、社長には他の関与先の例を伝え、出品を進めていましたが、実際にやってみてこんなに反響があるとは私もびっくりしました。自分のお金では買わない少し高価な物がふるさと納税で貰えるため、少し贅沢なハンモックチェアーは消費者のツボにはまったように思いました。お金も掛からないので他の関与先にも勧めてみたいと思います。

 2016/08/03 【投稿者:Tさん】

医療研修に参加しました。今回は医業収入の分析についてがテーマでした。月次監査の際や決算の時に先生と話をする時に、いつも収入が上がってます、減ってますね、という話をしますが、先生側として見えているのは患者さん、単価の増減で、ただ収入が上がったとか減ったとかはあまり実感の無いものであることだと気付きました。
ただ収入の増減の話をするのではなく、患者さんの数の傾向を聞く、またはマイコモンで入力した数字を見た上で話をすると、原因追究にもなるので、他の数字も判断基準として、先生と対話をしていきたいと思いました。

 2016/04/05 【投稿者:Kさん】

第4回 職員勉強会が無事終わりました。全5回シリーズの勉強会も残すところ1回となり中部ブロックは順調進んでいますが、東部ブロックは4/13に3回目、西部ブロックは4/6に1回目ということであまり順調にいっていないようです。TKCセンター等が上手く段取りしてくれており、他の先生方にも出席の声掛けをしてくれるお陰で毎回20名を超える参加があり有意義な勉強会になっているように思います。他事務所の職員さんと話しをすることは刺激にもなるので当事務所の職員にももっと参加してもらえばよかったと少し後悔をしています。

2016/04/05 【投稿者:Oさん】

本日はセンチュリーホテルにて大同生命の研修に参加させて頂きました。 研修内容は企業防衛についてのお話、サクセス400の概要、リスクコンサルティングレポートの有効的な活用等でした。 私は、大同生命の企業防衛とはそもそも何なのか?認識が出来ていなかったので、企業防衛の内容・変遷のお話が聞けたのでとても良かったと感じています。関与先の事を考えて、不慮の事態に備えるリスク管理サポートを提供する大同の商品は関与先にとってメリットがあるもの、入るべきものであると感じました。提案の際には保険商品販売の規定に反しないようコンプライアンスにも順守して、今後取り組んで行けたらと思いました。

2016/03/25 【投稿者:Hさん】

本日の静岡フォーラムでは第一テレビの伊藤久朗アナウンサーと青山学院大学の原晋監督の話を聞きました。伊藤久朗アナウサーの話で印象に残ったのは、アナウンサーは直接視聴者に会うわけじゃない為第一印象をものすごく重視しているということでした。これはある程度会計事務所にも同じことが言えると思います。私たちは直接お客様と会う機会がありますが、第一印象が悪ければ「この人に自分の会社のことを任せて大丈夫なのか?」と思われるのは当然です。また、そのイメージを払拭していくこともなかなか大変なことだと思います。 第一印象を良く感じていただくためには笑顔で明るい挨拶が最も重要だと思います。第一印象のためだけでなく、常に明るい挨拶を心掛けていきます。

2015/12/15 【投稿者:Yさん】

本日はKFS実践講座に参加してきました。午前の部は月次決算の活用方法、午後の部は継続MASの活用による経営者への意識改善についてでした。 月次決算の活用方法については、経営者への報告の際に変動損益計算書を使用するとわかりやすいと感じました(変動費、固定費の設計については関与先に応じて見直しが必要)。当事務所の職員がどのくらい活用しているかはわかりませんが、他の事務所では活用している方が多かった様に思えます。また、講師の方がいろいろな例を踏まえてテキストの補足をしてくれたのでとてもわかりやすかったです。 継続MASの活用による経営者への意識改善については、継続MASにはグラフやチェックリストなど様々な機能があるので一度システム面での把握が必要だと感じました(FX2等についても同様ではありますが…)。関与先にPCを持って行き、経営者と全科目の予算を入力し作成する方や事務所側で作成した予算を経営者に見てもらう方もいました。また、中期経営計画は経営改善計画以外はあまり使っていない様です。 継続MASでの計画作成に経営者に参加してもらい、FX2等と連携(予算登録)することで月次決算の付加価値の向上につながると思いました。

2015/11/25 【投稿者:Sさん】

マイナンバーのセミナーを無事に終えることができました。人前で話すことはあまり経験がないので、とても緊張するかと思いましたが、事前に事務所の方や医師会関係、金融機関などの経験があったので、今回のセミナーでもあまり緊張せずにこなすことができたのでよかったです。当日は欠席された方も少なく、また久しぶりに外部に委託せず、事務所内でセミナーを開催することが出来たのはよかったと感じました。自分としては、時間も一時間と限られていたため、少し早口になってしまったことや、どういう流れで話すのが一番分かりやすかったか、まだまだだと感じましたが、講師を経験できたことはいろいろ勉強になったと感じました。

2015/11/25 【投稿者:Yさん】

相続税のセミナーに参加させていただきました。月次監査等の時も関与先で相続に関係する質問が多いと感じていましたが、今回、会場の一般参加者を見ても多くの人が相続税に興味があるのだと感じました。また、講師の先生のお話を聞いて、その家庭の事情によって考えなければならないことも違ってくるということに気付かされ、申告がありそうな先については話の中で家族関係なども把握しておくことも重要だということがわかりました。相続税はあまり身近なものではないし、全く知らない方も多いと思います。しかし、基礎控除額が下がってこれから相続の申告が増えると思うので、あまり相続税に関心のないお客様に対しても、調べておくべきことや、申告がありそうな場合どのような対策をすればよいのか、良いアドバイスができるようにこのような機会を大切にして知識を身につけていきたいです。

2015/11/17 【投稿者:Iさん】

本日はTKCの初期指導の研修に参加させて頂きました。初期の指導という業務自体はまだ経験は無いですが、日々の業務を通して、店用と個人用に現金預金管理をきっちり分ける・明確にすること。入力のルール等を指導し、仕訳辞書を充実させて経理担当の方に入力しやすい環境を構築することも理解への第一歩、顧客の満足度に繋がるのかと思いました。今まで巡回監査に同行して思ったのが、年配の方へのパソコン入力についての大変さでした。クリック、ダブルクリック等の動作はパソコン動作に慣れていないお年寄りからすると難しいものです。TKCのシステムはキーボードがあれば操作が充分に行えることが利点なので、負担が軽くなる方法を日々模索していきたいと思います。

BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
税理士法人野中会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

東海税理士会所属

お気軽にお問合せください。
税理士法人野中会計事務所
TEL:0547-35-6265
(IP電話:050-3748-1660)